中性脂肪を下げる食べ物図鑑※夫の中性脂肪を下げるには!

 

中性脂肪を下げるお弁当図鑑※中性脂肪を下げるには!

今まで私が食した弁当のランキングだ。みんな安く体に良い弁当たちなのだ。
中性脂肪の高い旦那を持つ奥さんはお弁当作りの参考にしてください、
ドコサヘキサエン酸(DHA)は焼くと20%減 揚げると50%減なのです。
刺身は100%ということだがそうそう刺身は食べられないのである。

 

 

では、煮た場合は?
これは身より煮汁にDHAが溶け込んでいるので汁を利用するのです。
缶詰などは身より汁が良いのです。

 

 

となると、さんまの缶詰はいいのかも。でもすごく甘い味付けで飽きるし、カロリーが多そうで太るなぁ。
若い時はこれで飯を食べたものだ。貧乏だった。

 

 

奥さんがやる旦那の中性脂肪を下げる必殺技!
要するに旦那に毎日弁当を持たせて、焼いたサンマかサバを問答無用で弁当に放り込んでおけばいいのだ。そうすれば嫌でも食べるだろう。
飽きるだぁ~。いい大人がそんなことくらいは我慢せい!
これが一番の近道で金もかからん。


サンマ塩焼き弁当

 


やはりここはさんま弁当だろう。王者の風格が漂う。
弁当の内容:さんま・卵焼き・漬物・煮物
価格:399円

お弁当メモ

今は長細い弁当箱が多いのでさんまも入れるのは苦労しないであろう。
しかし、あの長細い弁当箱にサンマがドテッと入っていたら周りは驚くだろう。
そんなことは気にしないことだ。

 

サバの塩焼き弁当

 


サバの方が好き!という人もいる。これもエイコサペンタエン酸(EPA)とドコサヘキサエン酸(DHA)が多く含まれている。
内容はさんま弁当と同じである。
価格:399円とこれまた格安の逸品だ。

 

さんまフライ弁当


これは新製品の白身魚フライというが中身はさんまである。
カキフライもついている。タルタルソースが邪魔だ。
弁当の内容:白身フライ(さんま)カキフライ・漬物・煮物・タルタルソース
価格:380円でこの中では格安だ。

 

お弁当メモ

お弁当に入れる場合はアジフライでも良い。さんまフライなどないからね。
しかし、アジフライの場合は幅がありすぎて弁当箱に入らない。切る手間がかかるだろう。

 

鮭弁当


鮭の釜の部分があると脂がのっていて美味だ。
しかし、中性脂肪対策にはあまりならない。
価格:500円 この中で一番高価な弁当だ。
弁当の内容:魚以外は上記の弁当と同じ品目だ。

 

なぜ、フライの弁当が3位に?フライといえば油!カロリーも多く中性脂肪には大敵だ!なぜ?と普通思ってしまうがこのフライはヘルシーリセッタを使用しているのだ。ヘルシーリセッタに含まれる「中鎖脂肪酸」で脂肪がつきにくいのだ。トクホ商品なのです。

2013年 サンマが不漁だ!

今年はあまりサンマ弁当が店頭に並ばなかった。今年はサンマが不漁なのだ。
こんなことがあるのだろうか。海の温度が暖かく日本近海に近づいてこないということだ。
なら、沖まで行けば良いのだ、沖まで!なんて、わがままを言ってもしょうがないのだけれどね。

 

 

私にとっては死活問題なのだ。その代わりサバたべてます。